今日のお昼はえびピラフを作ろう。


Mahmudov)の研究によれば、ピラフの語源はPALOV OŠで、Pはパヨズ(ネギ)、Aはアヨズ(ニンジン)、Lはラフム(肉)、Oはオリオ(脂)、Vはウェト(塩)、Oはオブ(水)、Sはシャルィ(米)を表すという。 ピラフの語源となったピラウはトルコでは一般的な料理であり、主に付合せと
10キロバイト (1,139 語) - 2021年12月7日 (火) 11:12


えびとニンジン、ピーマンとマッシュルームを入れて